加藤薬局

地域活動

平和学習

『原爆の像から平和を考える』
~これはぼくらの叫びです これは私たちの祈りです 世界に平和をきずくための~

原爆投下から74年。平和とは?人類の願い・・・。
爆心地から1.7キロの白島で2歳6か月の時に被爆。原爆の像、佐々木偵子さんとは幟町小学校の同級生。
運動会では、リレーの選手として一緒に走ったことがあるそうです。
しかし、偵子さんは6年生の時に原爆症を発症してしまいます。
生きたいという願いを込めて、折り鶴を折り始めたが願いかなわず亡くなってしまった偵子さん。
原爆で亡くなった子どもたちの為に出来ることがないだろうかと始まった運動が「原爆の子の像」の建立につながります。
自分に出来ることは何かを考えた時に、人の命、自分の命、そして人を思いやる大切さや、平和の尊さ・戦争の恐ろしさを伝えるために生き証人として後世に語るこの活動を始めました。
6年生の道徳の時間は、幸せになるためにも大事な平和学習でした。
質問コーナーでは、身体のことや差別などの質疑があり活発に手が挙がっていました。
被爆された方の生の声を聞くことができなくなった昨今、貴重な話に熱心に耳を傾けていた子どもたちの姿がありました。
講演後には、合唱「折り鶴」のサプライズが!!!心がこもったきれいな歌声に思わず感動の涙があふれてきました。核兵器のない平和な世界になりますように・・・。

♪ 生きていてよかった~ それを感じたくて~
        広島のまちから~ 私は歩いてきた~ ♪

文:平和学習に参加した加藤薬局取材班waku2隊

平和学習 平和学習

平和学習 平和学習

日時:令和元年6月21日(金)13:50~14:50
会場:中筋小学校

安佐薬剤師会6年制薬学教育実務実習 集合研修①

テーマ:『学校薬剤師』

薬剤師と学校薬剤師の歴史、基本事項、意義と職務について指導をしました。
飲料水・水泳プール・照度・空気・騒音といった学校環境衛検査、学校給食の衛生管理など。
学校保健における児童生徒と設置者・学校、学校薬剤師の関連性や重要性をわかりやすく説明しました。

安佐薬剤師会6年制薬学教育実務実習 集合研修① 安佐薬剤師会6年制薬学教育実務実習 集合研修①

開催日:令和元年5月27日(月)
会場:蔵本薬局

安佐薬剤師会6年制薬学教育実務実習 集合研修②

テーマ:『薬物乱用の危険~健康で有意義な学生生活を送るために~』

薬物乱用は身近にある問題。乱用される薬物の種類や症状、薬物依存とその恐ろしさ。
社会に対する影響、断る勇気・・・。
具体的な事例を基に薬物と人間関係の構築について学びます。

安佐薬剤師会6年制薬学教育実務実習 集合研修② 安佐薬剤師会6年制薬学教育実務実習 集合研修②

開催日:令和元年5月27日(月)
会場:蔵本薬局

講演「薬物乱用の危険~有意義な学生生活を送るために~」

平成31年4月9日(火) 於;県立広島大学 広島キャンパス

広島市高齢者いきいき活動 認知症カフェ講演会

なのかカフェの講師として招かれました。自身2回目です。
『インフルエンザの予防とその治療薬』『糖尿病と認知症の関係性』
そして、週刊誌の特集『飲まない方がいい薬、やめておいた方がいい薬』
の記事って実際どうなの??といった内容でお話をしました。

日時:H30.11.16
場所:小規模多機能ホーム なのか

有限会社 加藤薬局

広島市安佐南区古市2-18-12
TEL:082-836-3361
受付:9:00~17:30
定休:木土(午後)、日祝

関連サイト紹介